ホルモンが増える治療|外反母趾の靴は通販で購入できる|痛みにさようなら

外反母趾の靴は通販で購入できる|痛みにさようなら

メニュー

ホルモンが増える治療

女の人

HRTとは

HRT(ホルモン補充療法)は、更年期に少なくなる女性ホルモンを増やす効果がある医療行為です。更年期とは45才〜55才くらいの時期を指します。更年期は女性ホルモンが急激に減少する時期です。それが原因でめまい、発汗、冷え、ほてり、倦怠感などの症状・更年期障害が起きます。医療機関でHRTを受けることで、女性ホルモンが増えて、更年期障害の症状が改善します。HRTでは、症状の重さや年齢、過去の病歴などから、その人に最適なホルモンを投与します。投与する薬は、エストロゲン薬とプロゲステロン薬の二種類です。一般的に多いのがエストロゲン薬の投与です。エストロゲンは更年期に少なくなりますが、投与することで増やすことができます。

保険で治療ができる

更年期障害は女性にとってつらい症状です。昔はあまり認知されていなかったので、我慢するしかありませんでした。しかし、今はHRTが普及し、病院で保険適用で治療ができます。更年期障害というものの辛さも、ネットを通じて広く理解されるようになっています。HRTは更年期障害の標準的な治療です。更年期になるとエストロゲンが減少して、それによって女性ホルモンのバランスが乱れます。エストロゲン薬を飲むことで、エストロゲンを増やすことができて、女性ホルモンのバランスが整います。それによって自律神経のバランスも整えることができます。また、エストロゲンを増やすことは、美容にもプラスに働きます。若い頃のように肌に潤いが戻り、髪も艶やかになります。